最新記事

以前は、病院とは特別な枠組みの中で経営を行っており、そのマネジメントに対し疑問を持つ声は少なかったように思います。
その理由としては病院は人の命に関わる環境であること、そのためマネジメントよりも患者の介助を中心とする声のほうが大きかったからなのではないかと思います。
しかし、医療費の高騰によって病院から人が遠ざかり始めていること、また、不況により医療費を捻出できない人の増加により病院側も国民医療費の見直しを余儀なくされている実情があります。
そのためには各病院ごとの経営を見直す必要があり、経費削減およびマネジメントの一括化を行うことにより、より病院へ行く人が医療を受けやすい環境作りをすることを求められていると思います。